衰えた肌を幹細胞化粧品で再生

本当に効果的なおすすめ人気【幹細胞】コスメ・美容液ランキング

シミの予防に摂取すべき「L-システイン」の効果と注意点~白髪が増える?正しい飲み方とは~

<シミのリスク>を減少させることで知られる「L-システイン」

実際に、スキンケアに関する一大ジャンルである

「シミ対策アイテム」として売られている、多くの商品の主要成分となっています。

 

<外側から塗り込む>クリーム・ジェルタイプに加えて

<服用>することで体の内側からアプローチするタイプ等、様々です。

 

そもそもL-システイン、体内に存在する「アミノ酸」の一種であり

ビタミンCとの相乗効果によって、シミ(色素)の原因となる

「メラニン色素」の過剰摂取を抑えるという働きがあります。

 

その効果のために、足りない・必要と思われる方が
「サプリ」によって摂取することも、非常に一般的なことになります。

 

代謝を向上することによる美容効果

 

そして、L-システインのもう1つの働きとして

「肝臓」を中心とした、「代謝機能」の向上も含まれ

そのため、「二日酔い」にも効果的であるとして

常備している人もいる人もいるほど、「体感」できると言える働きになります。

 

この効果を支えているのは、「ターンオーバー(新陳代謝)」と呼ばれる機能の中の

「排出」に関するものも含まれており、<おしっこが近くなる>といった現象も

このターンオーバーの活性化の活性化によるものと言えます。

 

「コラーゲン」を作り出す素材でもある

 

更に、あまり知られていないこととしてL-システインには

「コラーゲンの生成」という働きもあり

水分(ハリ)を失った・失いやすくなった肌にも効果的な成分と言えます。

 

もちろん、これに関してもターンオーバーの力によるものであり

「美白効果」に加えて、「美肌効果」も望めるものなのです。

 

しかしながら、一部では「副作用」に関しても心配されている方も多く

L-システインを摂取する際の、注意点に関しても紹介しておきたいと思います。

 

「L-システイン」は髪の色素を抜いてしまう?

 

L-システインによって、分泌を抑制されることになるメラニンとは

「色素」であり、これはデメリットとして「シミ・そばかす」を生む一方で

「頭髪」を黒くしている、要となる成分でもあります。

 

そのため、L-システインを摂りすぎることによって

「白髪」が増えてしまうのではないかと、不安視する声もあります。

 

実際に「長期的」な「過剰摂取」は、白髪を招くリスクがあるという意見もあります。

 

白髪のリスクを現象させる

 

「摂取しすぎると白髪が増える」とすれば、まさに<究極の選択>と言えるものです。

 

しかしながら、そう単純なものでものではなく

ほど大量に摂取しない限りは、またそういった習慣を続けない限りは

体内で<うまく調節する>機能があるため、「いい面」の方が大きいといえます。

 

L-システインが持つ、「白髪リスク」を減らすためには

「ビオチン」というビタミンの一種を摂取することが推奨されます。

 

ビオチンとは、肌・爪・髪を健康に保つために非常に効果的な成分です。

 

これらによって、<L-システインが持つデメリット>を中和させることが

白髪の増加リスクを抑えるために、有効であるという意見も多いです。

 

それでは、「ビオチンサプリ」も同時に摂取するべきかと言うと

ビオチンに関しては「一般的な食生活」さえ送っていれば

特に「肉類」「野菜類」をほどほどに摂取していれば

基本的には、不足しないものであるとされています。

 

「国産」であれば基本的に安全

 

まとめると、

 

用法容量を守った使い方をしつつ、平均的な食生活を送っていれば

副作用に関しては、それほど気にしなくてよいと考えられます。

 

また、そもそも「シミが消える」ことも確実的なものではなく

同時に「白髪を増やす」ことに関しても、確実なものではないのです。

 

しっかりと「経過」を見守りながら、使用しましょう。

 

そして、それに加えて「日本製」のアイテムであることも意識して欲しいと思います。

 

<L-システイン>に関しても、ビオチンに関しても

非常に多くのサプリが販売されており、中には「海外製品」も存在します。

 

それらが全てダメとは言えませんが、基本的には国内製に比べて

含有量が多いものであり、余計なリスクを増やすことも考えられるのです。

 

「日本での利用者が多いもの」が、間違いないと言えます。

 

この記事に関連する記事一覧