衰えた肌を幹細胞化粧品で再生

本当に効果的なおすすめ人気【幹細胞】コスメ・美容液ランキング

化粧品はどこで買うべき?~中年女性の美容費用の平均額と一番安く買える場所とは~

年頃になれば、生活の一部となるメイクアップですが

それはつまり「化粧品」との、付き合いの始まりでもあります。

 

中年女性ともなれば、その付き合いも長く

メイクアップも、ベテランであると言えます。

 

しかしながら、年齢を経るごとに「重要な部分」というのは変わってくるものであり

衰えているということは、「気合を入れる(入れなくてはならない)」要素が

年齢に比例して、増えてくることでもあると言えます。

 

<化粧にかける情熱>というのは、年齢にる傾向はそれほど変わらないようです。

 

というのは、

  • 若いからこそ化粧をしない・若いから化粧を楽しむ
  • 年をとったからこそ頑張る・年をとってしまったからあきらめる

 

これらは正反対のコンセプトですが、年齢に伴って入れ替わるだけであり

「気合を入れる・入れない」に関しては、その割合に変化はない傾向があります。

 

ただし、「女性としての楽しみ」ということで考えれば

1つの趣味と実益を兼ねたものであり、一生楽しみ続けるほうが楽しいものでもあります。

 

生活の一部となっている化粧品と、それをスムーズにするための「スキンケアアイテム」

定期的に購入しなければならないものであり、また必要な道具でもあります。

 

そこで今回は、世の中年女性は

  • どこで
  • 何を優先して
  • いくらくらいのアイテムを

 

どのくらいの頻度で購入しているのかを、紹介したいと思います。

 

メイク道具はみんなどこで買ってるの?

 

実際に、化粧品を購入する手段としては

  • 専門店(デパート等のテナント)
  • 通販(ネットショップ)

 

2つのうち、どちらかが圧倒的に多いと言えます。

 

町中の薬局等でも、化粧品は販売されていますが

やはり<あらゆる意味で>物足りないと感じる方が多いようです。

 

ただしより若年層では、ドラッグストアが最も多いようです。

<そこで済む>ということが、大きな理由と考えられます。

 

やはり、若い方がネット上で購入する傾向があり

年配の方は、実店舗で買う傾向が見られますが

パソコン(スマホ)を使いこなせる層の高齢化

更に、ネット通販での購入の一般化によって

徐々に実店舗での購入を上回ってきている傾向が見れます。

 

当サイトで紹介しているアイテムに関しても

ネットで購入することが前提であり、またネット限定の

アイテム・付属品(おまけ)があることも珍しくありません。

 

また、「手にして」「見てから」買いたいという方に関しても

一度購入して気に入ったものは、定期購入で買う方も多いようです。

 

そのため、<最初だけ専門員に相談して買う>ことは

いつまでも一般的な光景であるだろう、と考えられます。

 

一番優先してお金を使っているメイクアイテムとは

 

そして「何を優先して買うか」に関しては、年齢が高くなるほどに

  • いかに塗り(ノリ)やすい・効果が見られやすいか
  • 基礎的な・根本的な改善につながるか

 

といった、2つの優先ポイントが顕著に見られます。

 

前者は「ファンデーション」や、「口紅」といったものであり

衰えた・ノリが悪くなった肌でも、効果が見られる(ごまかせる)ものを

優先することになることは、やはり避けることができません。

 

そして、それと同時j「メイク落とし(クレンジング)」にも

気を遣う方が増えることになります。

 

後者の「根本的なケア」に利用するアイテムに関しては、やはり

  • シミ
  • 保湿

 

といった肌の衰えに伴う、基礎的なトラブルの解決を目的が意識されています。

 

より質・効果の高いものを取り入れることは自然なことであり、必要なことです。

 

また、「無添加」「オーガニック」といった

その内容に関しても、年々こだわりが強くなる傾向があります。

 

若い方では、「マスカラ」「チーク」といった
いわゆる「盛り」を構成するアイテムを優先していることが目立ちます。

 

更に注目すべき、最も顕著な特徴としては

年齢に比例して「使うアイテムが増える」ということです。

 

「自然派」を心掛ける方であれば、逆に少なくなる傾向がありようですが

基本的に、多くの方が<増える>ことになります。

だからこそ、1つ1つをできるだけリーズナブルに購入する工夫が必要です。

 

化粧品を格安で変える場所とは

 

1ヵ月の「美容にかけるお金」としては、

20代・30代前半というのは、意外と差がないものであり

<15,000~18,000円>という範囲が、最も多いようです。

 

しかしながら、40代以降では「2万円以上」ということが珍しくなくなり

この事実に関しては、「当然の結果」とも言えます。

 

上記は「ジム」や「エステ」等に費用も含まれており
メイク周辺にかかる費用としては、その半分程度とされます。

もちろん1000円の人もいれば、10万円の人もおり
値段の幅は、年齢と共に広がっていきます。

 

最もお得に購入する方法は、実店舗であってもネット通販であっても

「定期購入」と呼ばれる、同じ商品を購入する代わりに

割引をしてもらうものであり、購入回数に「しばり」があることも特徴です。

 

同じものを使い続けるとすれば、当然お得な手段になります。

 

しかしながら、やはり<試してから使いたい>という方も多く

そういった方は、「トライアル(お試し)」として

1週間分の小分けしたセットを試したり、また「単品購入」という手段もあります。

 

高価なもの・優良なメーカーほど、「試してもらう」ことを優先しており

そういった面でも、<見極め>をすることができます。

 

また、特に「ベースメイク」と呼ばれている、最も肌に近い部分に触れるアイテムに関しては

<肌に合っていること>が非常に重要であり、変える人は少ない傾向が見られます。

 

もちろん、<それで問題ない>のであれば、しばらくは同じものを継続すべきと言えます。

  • 変えていく
  • そのままでいい

 

しっかりと、判断することが大切です。

 

メイクは「よく見られたい」という目的に向かって

「良く魅せる」ために、日々施すものになります。

 

しかしながら、<必死に塗りたくる>というのは悲しいものであり

いくつになっても、その1つ1つの過程を楽しむべきものと言えます。

 

そのため、<経済的に負担にならない範囲>

いろいろなアイテムを、試してみることをおすすめします。

 

言うまでもなく、同じ効果を目的としたアイテムえあっても

メーカー・種類によって、その効果は異なるものであり

年配の方に相応しい、<やや高価な(質の高い)アイテム>であれば

<合う・合わない>が、最も重要なことであると言えます。

 

だからこそ、<よりよいものを見つけるために>試してみることが大切なのです。

 

この記事に関連する記事一覧