衰えた肌を幹細胞化粧品で再生

本当に効果的なおすすめ人気【幹細胞】コスメ・美容液ランキング

年をとるごとに変化してくる「生理」時の症状と健康・お肌への影響

年をとるごとに、劣化していく「美的要素」は

同じく劣化してくる、健康状態の影響を大きく受けることになります。

 

そして、こと女性にとっては「女性ホルモン」が大きな影響を与えていることは

当サイトでも繰り返し解説しており、また広く知られていることでもあります。

 

そしてその中でも、女性ホルモン・それによる健康状態・結果的な美的要素

その核を担う<女性ならでは>の変化に、「生理」にまつわる症状の変化があります。

 

30代半ばから、顕著になっていく生理の症状の変化というのは

「更年期障害」の症状の1つとしても、数えられるものであり

減少していく女性ホルモンの影響を受ける、最たるものであると言えます。

 

加齢によって変化する性ホルモン

 

まず第一に、年をとることで<生理のサイクル>が乱れていきます。

 

いわゆる「生理不順」と同じ状態が、慢性化すると言えます。

 

これは避けることができないことであり

老化現象、それに伴う生理現象として正常な反応でもあります。

 

約1ヵ月(28日)周期で起こっていた生理が、35日周期になり

やがて40日、2ヵ月に1度しかこない、という状態になり

最終的には<起こらなく>なり、これが「閉経」と呼ばれるものです。

 

と入っても、現在は閉経の時期が遅くなっている傾向が見られ

50歳を過ぎても、度々生理が起きることは珍しくありません。

 

これはつまり、<若さを保てる時期が長い>とも言えます。

「美魔女」という言葉に象徴されるように、と昔前に比べて

<若い(年齢を考えれば)>女性が増えていることは、よく言われることでもあります。

 

変化していく生理の症状ですが、その内容としては<重くなった>人もいれば

<軽くなった>人もいて、個人差があるものであり<それほど変わらない>人も多いです。

 

ただし、「経穴の量の減少」ということ「1回の生理が長くなる」ということは

ある程度共通して見らえることであり、「少しの量がダラダラ続く」ことが特徴です。

 

同時に「婦人病」の症状が見られることも

 

このように<若い頃とは違ってくる>ことは、当然のことでもありますが

同時に「婦人病」と呼ばれる疾患のリスクも上昇しており

その症状によって、生理が乱れていることも忘れてはなりません。

 

女性特有の器官における、典型的な疾患として

  • 子宮筋腫(子宮内・周辺に<腫瘍(筋腫)>が発生する)
  • 子宮内膜症(子宮内膜)

 

これらは決して珍しくない症状であり、「子宮筋腫」は20%の女性が発生すると言われ

特に30代後半~40代が、最も患者数の多い疾患です。

 

程度によって対処が大きく異なる症状ですが

大きい・多い場合には、子宮全摘出が必要になることもあります。

これらの症状は、「子宮がん(けいがん)」に関わることも心にとめておきましょう。

 

「情緒」にも変化が現れる

 

性ホルモンの乱れは、自律神経の乱れにつながるものであり

これこそが、各種更年期障害の症状の原因と言えますが

それによって、身体的なトラブルだけでなく

「情緒」に対する、悪影響が見られるものになります。

 

  • 理由もなくイライラする
  • やるきがなくだるい(抑うつ症状)

 

これらは、若い頃から「生理前・中」に見られるものであり

更年期というのは<慢性的に生理前・中の状態になる>時期と言えます。

 

もともと生理が思い・情緒が乱れがちだった女性は

より顕著になることもあり、注意が必要になります。

 

また場合によっては、「楽になった」という女性もおり

こればかりは、どう変化するか未知なものと言えます。



 

変わっていく生理環境にできること

 

加齢に伴う、女性ホルモンの減少による症状というのは

<減ってしまったホルモンに体が慣れるまで>がつらいものであり

<少なくても大丈夫>になるまでの辛抱と言えます。

 

「時間の経過」が最も大きな改善要素となりますが、

できるだけ軽くするためのアプローチも、しっかりと取り入れるべきです。

 

その中心となるものはやはり食生活であり、減少していくホルモンを補ってあげることで

より緩やかな・体の負担の少ない減少を意識することが大切です。

 

サプリや漢方の使用もおすすめ

 

生理が特に重い女性を中心に、若い頃から頭痛薬・鎮痛剤といった

市販薬を服用していたり、婦人科に通って処方してもらっている女性は多いです。

 

そして同じように、痛みの改善・対策のための

「生理サプリ」と呼ばれるアイテムも、数多く販売されています。

 

主に「ハーブ」といった成分で、自律神経の乱れや

痛みの素となる要素を、軽減することが目的であり

それらの成分が、一定の効果をもたらすことは事実です。

 

特に「PMS(生理前症候群)」と呼ばれる、上記したイライラ・抑うつに対し

効果的あるとされ、年代関わらず利用者も多いようです。

 

ただし、更年期の生理にまつわるトラブルは

<女性ホルモンの減少>という、確かな原因が分かっているものであり

そのため「更年期サプリ」といった、女性ホルモン成分を含む

アイテムの利用の方が、有効であるとも考えられます。

 

「アロマ効果」も「女性ホルモン成分」に関しても

いずれも有効なものであり、試してみる価値はあるはずです。

 

「結果」は「原因」から改善していく

減少するペースが、急激であればあるほどに

体はついていけなくなり、つらい症状が現れがちです。

 

そうならないためには、緩やかに着地させてあげるべきであり

30代後半からは、より意識して取り組むべきものと言えます。

 

言うまでもなく、年をとることで肌質が劣化していくこと

調子が悪い日が増えることは、女性ホルモンが減少した(原因)ことによる

保湿能力の減少(結果)であり、根本的解決策を考えていく際には

やはり<減ったものは補う>ことが、何より大切ななアプローチと言えます。

 

この記事に関連する記事一覧