衰えた肌を幹細胞化粧品で再生

本当に効果的なおすすめ人気【幹細胞】コスメ・美容液ランキング

毎日の食事で抗酸化成分「ポリフェノール」を摂取して肌を綺麗に保とう!

「アンチエイジング」の話題には欠かせない要素である

「活性酸素」の抑制、そのために効果的な「抗酸化成分」

「ビタミンC」を代表として、幅広く存在しています。

 

そしてその中でも特に有名であり、健康成分として長きにわたり

知名度を保ち続けている成分が「ポリフェノール」になります。

 

このポリフェノールには、抗酸化作用だけでなく

「ダイエット」や「冷え性の改善」にもつながるとして

日常的な摂取を心がけている方は、非常に多いことと思われます。

 

実際に、非常に身近な食材から摂取できる成分でもあり

手軽なアンチエイジングアプローチとして、最適な成分でもあります。

 

身近で強力な抗酸化成分「ポリフェノール」とは

 

ポリフェノールという名称を聞いたことがあっても

それが実際にはどのような成分でるか、詳しくご存知の方は少ないと思われます。

 

ポリフェノールとは、「フェノール」という分子を複数含む植物成分の名称であり

非常に幅広い種類が存在する成分でもあります。

  • ぶどう(ワイン)に含まれる「アントシアニン」
  • 茶葉に含まれる「カテキン」
  • コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」
  • ウコンに含まれる「クルクミン」

 

また大豆に含まれる「イソフラボン」に関しても、ポリフェノールの一種です。

 

これだけでも「なんとなく体にいい」という印象を与えるものになりますが

実はポリフェノールは「含んでいない植物は存在しない(非常に稀)」成分であり

基本的に「植物」と呼べるものには、全て含まれていると考えてよいものなのです。

 

そして、その「含まれている箇所」というのが

ポリフェノールの役割を、最も現している要素になります。

 

紫外線による刺激をカバーしてくれる成分

 

そもそもポリフェノールとは、植物が自分自身を「紫外線」から守るために存在しており
そのため、「皮(茎・葉)」の部分に含まれることが一般的です。

紫外線とは人間の肌を傷つける要素であると同時に、植物の細胞も傷つける要因なのです。

傷つけるということは、「酸化させる」ということも含まれており
この酸化から守る働きが、アンチエイジング効果として知られています。

 

ポリフェノールを豊富に含む食材とは

 

非常に手軽に摂取できる成分ではありますが、どれから摂取することが効率的なのか

どれが最も効果を発揮するのか、気になる方も多いと思います。

 

実際には、上で挙げた「代表的なポリフェノール成分を含む食材」であれば

現実的に摂取できる量というのは、それほど変わりないものであり

自分の好きなもの、負担のないもので摂取するべきと言えます。

 

例)

  • カカオ
  • 大豆食品

 

「アントシアニン」として・・・

  • 赤ワイン
  • ブルーベリー

 

「カテキン」として・・・

  • 緑茶

 

それよりも、むしろ「摂取するうえでの注意点」を意識することが大切なのです。

 

ポリフェノールを摂取する際の注意点

 

「体にいい」という印象が強いポリフェノールですが

実際には、摂取することに対する注意点も存在します。

 

最も大きな注意点としては「余計な成分が多い」ことであり

ワインには「アルコール」が、コーヒー・チョコレート(カカオ)には「カフェイン」といった

「体にいいとは言えない成分」がそれぞれ含まれています。

 

これらは、少量であれば「体にいい反応」をもたらすこともありますが

大量摂取は推奨されるものではなく、食材自体は「摂れば摂るほどいい」とは言えません。

 

少しずつ・バランスよく

 

「摂り方」が難しいと同時に、ポリフェノールが持つ抗酸化成分が

健康・美容に効果的であることは認められている一方で

「どれがどうやって効いているのか」は、はっきりしていない側面もあります。

 

そのため、「ポリフェノール」を目的として食材を摂取する際には

様々な食材から、様々なポリフェノール成分を摂取することを心がけましょう。

 

例えば、それほどデメリットの少ないと言える

「大豆製品(イソフラボン」は、毎日欠かさず食べ

極力、毎食何らかのメニュー(豆腐・納豆)に取り入れつつ

  • カフェインを含むお茶(カテキン)・コーヒー(クロロゲン酸)を1日3杯まで
  • ワイン(アントシアニン)は、1日1杯まで(たまには飲まない)
  • チョコレートを食べる際には、ノンカフェインの飲み物を合わせる
  • こういった、補いつつ・避けるという考え方が効果的と言えます。

 

抗酸化以外にも魅力的な力を秘めた成分

 

注意点が必要なポリフェノールですが、抗酸化作用の他にも

  • コレステロール(血中脂肪)の減少
  • 脂肪の燃焼の促進
  • 高血圧・高血糖の予防・改善効果
  • ストレスの緩和

 

といった、様々なメリットが存在する素晴らしい成分には変わりません。

 

「過剰摂取」と「バランス」に注意して摂取することで
中年以降の美容・健康にとって、非常に効果の高い栄養素と言えます。

 

この記事に関連する記事一覧