衰えた肌を幹細胞化粧品で再生

本当に効果的なおすすめ人気【幹細胞】コスメ・美容液ランキング

年をとるごとに変化してくる「生理」時の症状と健康・お肌への影響

年をとるごとに、劣化していく「美的要素」は

同じく劣化してくる、健康状態の影響を大きく受けることになります。

 

そして、こと女性にとっては「女性ホルモン」が大きな影響を与えていることは

当サイトでも繰り返し解説しており、また広く知られていることでもあります。

 

そしてその中でも、女性ホルモン・それによる健康状態・結果的な美的要素

その核を担う<女性ならでは>の変化に、「生理」にまつわる症状の変化があります。

 

30代半ばから、顕著になっていく生理の症状の変化というのは

「更年期障害」の症状の1つとしても、数えられるものであり

減少していく女性ホルモンの影響を受ける、最たるものであると言えます。

 

加齢によって変化する性ホルモン

 

まず第一に、年をとることで<生理のサイクル>が乱れていきます。

 

いわゆる「生理不順」と同じ状態が、慢性化すると言えます。

 

これは避けることができないことであり

老化現象、それに伴う生理現象として正常な反応でもあります。

 

約1ヵ月(28日)周期で起こっていた生理が、35日周期になり

やがて40日、2ヵ月に1度しかこない、という状態になり

最終的には<起こらなく>なり、これが「閉経」と呼ばれるものです。

 

と入っても、現在は閉経の時期が遅くなっている傾向が見られ

50歳を過ぎても、度々生理が起きることは珍しくありません。

 

これはつまり、<若さを保てる時期が長い>とも言えます。

「美魔女」という言葉に象徴されるように、と昔前に比べて

<若い(年齢を考えれば)>女性が増えていることは、よく言われることでもあります。

 

変化していく生理の症状ですが、その内容としては<重くなった>人もいれば

<軽くなった>人もいて、個人差があるものであり<それほど変わらない>人も多いです。

 

ただし、「経穴の量の減少」ということ「1回の生理が長くなる」ということは

ある程度共通して見らえることであり、「少しの量がダラダラ続く」ことが特徴です。

 

同時に「婦人病」の症状が見られることも

 

このように<若い頃とは違ってくる>ことは、当然のことでもありますが

同時に「婦人病」と呼ばれる疾患のリスクも上昇しており

その症状によって、生理が乱れていることも忘れてはなりません。

 

女性特有の器官における、典型的な疾患として

  • 子宮筋腫(子宮内・周辺に<腫瘍(筋腫)>が発生する)
  • 子宮内膜症(子宮内膜)

 

これらは決して珍しくない症状であり、「子宮筋腫」は20%の女性が発生すると言われ

特に30代後半~40代が、最も患者数の多い疾患です。

 

程度によって対処が大きく異なる症状ですが

大きい・多い場合には、子宮全摘出が必要になることもあります。

これらの症状は、「子宮がん(けいがん)」に関わることも心にとめておきましょう。

 

「情緒」にも変化が現れる

 

性ホルモンの乱れは、自律神経の乱れにつながるものであり

これこそが、各種更年期障害の症状の原因と言えますが

それによって、身体的なトラブルだけでなく

「情緒」に対する、悪影響が見られるものになります。

 

  • 理由もなくイライラする
  • やるきがなくだるい(抑うつ症状)

 

これらは、若い頃から「生理前・中」に見られるものであり

更年期というのは<慢性的に生理前・中の状態になる>時期と言えます。

 

もともと生理が思い・情緒が乱れがちだった女性は

より顕著になることもあり、注意が必要になります。

 

また場合によっては、「楽になった」という女性もおり

こればかりは、どう変化するか未知なものと言えます。



 

変わっていく生理環境にできること

 

加齢に伴う、女性ホルモンの減少による症状というのは

<減ってしまったホルモンに体が慣れるまで>がつらいものであり

<少なくても大丈夫>になるまでの辛抱と言えます。

 

「時間の経過」が最も大きな改善要素となりますが、

できるだけ軽くするためのアプローチも、しっかりと取り入れるべきです。

 

その中心となるものはやはり食生活であり、減少していくホルモンを補ってあげることで

より緩やかな・体の負担の少ない減少を意識することが大切です。

 

サプリや漢方の使用もおすすめ

 

生理が特に重い女性を中心に、若い頃から頭痛薬・鎮痛剤といった

市販薬を服用していたり、婦人科に通って処方してもらっている女性は多いです。

 

そして同じように、痛みの改善・対策のための

「生理サプリ」と呼ばれるアイテムも、数多く販売されています。

 

主に「ハーブ」といった成分で、自律神経の乱れや

痛みの素となる要素を、軽減することが目的であり

それらの成分が、一定の効果をもたらすことは事実です。

 

特に「PMS(生理前症候群)」と呼ばれる、上記したイライラ・抑うつに対し

効果的あるとされ、年代関わらず利用者も多いようです。

 

ただし、更年期の生理にまつわるトラブルは

<女性ホルモンの減少>という、確かな原因が分かっているものであり

そのため「更年期サプリ」といった、女性ホルモン成分を含む

アイテムの利用の方が、有効であるとも考えられます。

 

「アロマ効果」も「女性ホルモン成分」に関しても

いずれも有効なものであり、試してみる価値はあるはずです。

 

「結果」は「原因」から改善していく

減少するペースが、急激であればあるほどに

体はついていけなくなり、つらい症状が現れがちです。

 

そうならないためには、緩やかに着地させてあげるべきであり

30代後半からは、より意識して取り組むべきものと言えます。

 

言うまでもなく、年をとることで肌質が劣化していくこと

調子が悪い日が増えることは、女性ホルモンが減少した(原因)ことによる

保湿能力の減少(結果)であり、根本的解決策を考えていく際には

やはり<減ったものは補う>ことが、何より大切ななアプローチと言えます。

「フラバンジェノール」の効果とは~食材よりも配合化粧品の利用が現実的~

現代のスキンケアの主流であり、特に「アンチエイジング」の肝となる要素に

「抗酸化」という概念があり、余分な活性酸素による<細胞の酸化>を防ぐことで

細胞の劣化、つまりは「老化」を防ぐことは最も直接的な働きかけになります。

 

細胞の劣化を食い止めることは、それ自体が非常に有効なスキンケアです。

 

そして、その際に活躍するものが「抗酸化成分」であり

体の中から、また体の外から与えることで、スキンケア効果を与えることになります。

 

その効果は美容だけでなく、肉体的なあらゆる機能・器官にメリットのあるものであり

健康であること・代謝機能が優れていることによって、肌の状態の改善につながります。

 

この抗酸化成分には、様々なものが存在しますが

その中でも、「フラバンジェノール」という成分は

非常に強い抗酸化成分であるとして、注目されている存在になります。

 

非常に抗酸化の強いポリフェノール

 

フラバンジェノールは、「ポリフェノール」の一種になります。

 

毎日の食事で抗酸化成分「ポリフェノール」を摂取して肌を綺麗に保とう!

 

カテキン・リコピン・クロロゲン酸といった

様々なカタチが存在するポリフェノールですが

その中でも、「最も強い」と言っても過言ではありません。

 

フラバンジェノールは、別名「ピクノジェノール」と呼ばれ

<ビタミンCの300倍の抗酸化力>といった効果は話題となり

こちらの名称で聞いたことのある人もいつかと思われます。

 

「何倍か」ということについては、様々な意見・抽出状況によりますが
極めて強い抗酸化成分であることは、間違いないことです。

 

全体として、非常に優秀な抗酸化力を持つポリフェノールの

更に強力な成分による働きかけは、基本的な美肌効果に加えて

  • 美白
  • 血管の質の向上
  • 代謝の向上
  • 中性脂肪の減少
  • コレステロールの減少

 

様々な角度から、<綺麗な体>を作ることに貢献します。

 

美容液の利用が現実的

 

フラバンジェノール(ピクノジェノール)は、

ヨーロッパの一部の地域にしか生息しない「木」の

その「樹皮」にしか含まれない成分であり、基本的に食用ではありません。

 

サプリや化粧品に利用されている成分は、その樹皮から採取・抽出したものになります。

 

そのため、フラバンジェノールを取り入れたいのであれば

やはりそういったアイテムを、購入するしか方法がないものと言えます。

 

↓↓フラバンジェノール配合のおすすめアイテムはこちら


 

数は少ないながらも、化粧品に関してはいくつか配合しているものがあり

フラバンジェノールの力を感じてみたいなら、最も手軽な方法になります。

化粧品はどこで買うべき?~中年女性の美容費用の平均額と一番安く買える場所とは~

年頃になれば、生活の一部となるメイクアップですが

それはつまり「化粧品」との、付き合いの始まりでもあります。

 

中年女性ともなれば、その付き合いも長く

メイクアップも、ベテランであると言えます。

 

しかしながら、年齢を経るごとに「重要な部分」というのは変わってくるものであり

衰えているということは、「気合を入れる(入れなくてはならない)」要素が

年齢に比例して、増えてくることでもあると言えます。

 

<化粧にかける情熱>というのは、年齢にる傾向はそれほど変わらないようです。

 

というのは、

  • 若いからこそ化粧をしない・若いから化粧を楽しむ
  • 年をとったからこそ頑張る・年をとってしまったからあきらめる

 

これらは正反対のコンセプトですが、年齢に伴って入れ替わるだけであり

「気合を入れる・入れない」に関しては、その割合に変化はない傾向があります。

 

ただし、「女性としての楽しみ」ということで考えれば

1つの趣味と実益を兼ねたものであり、一生楽しみ続けるほうが楽しいものでもあります。

 

生活の一部となっている化粧品と、それをスムーズにするための「スキンケアアイテム」

定期的に購入しなければならないものであり、また必要な道具でもあります。

 

そこで今回は、世の中年女性は

  • どこで
  • 何を優先して
  • いくらくらいのアイテムを

 

どのくらいの頻度で購入しているのかを、紹介したいと思います。

 

メイク道具はみんなどこで買ってるの?

 

実際に、化粧品を購入する手段としては

  • 専門店(デパート等のテナント)
  • 通販(ネットショップ)

 

2つのうち、どちらかが圧倒的に多いと言えます。

 

町中の薬局等でも、化粧品は販売されていますが

やはり<あらゆる意味で>物足りないと感じる方が多いようです。

 

ただしより若年層では、ドラッグストアが最も多いようです。

<そこで済む>ということが、大きな理由と考えられます。

 

やはり、若い方がネット上で購入する傾向があり

年配の方は、実店舗で買う傾向が見られますが

パソコン(スマホ)を使いこなせる層の高齢化

更に、ネット通販での購入の一般化によって

徐々に実店舗での購入を上回ってきている傾向が見れます。

 

当サイトで紹介しているアイテムに関しても

ネットで購入することが前提であり、またネット限定の

アイテム・付属品(おまけ)があることも珍しくありません。

 

また、「手にして」「見てから」買いたいという方に関しても

一度購入して気に入ったものは、定期購入で買う方も多いようです。

 

そのため、<最初だけ専門員に相談して買う>ことは

いつまでも一般的な光景であるだろう、と考えられます。

 

一番優先してお金を使っているメイクアイテムとは

 

そして「何を優先して買うか」に関しては、年齢が高くなるほどに

  • いかに塗り(ノリ)やすい・効果が見られやすいか
  • 基礎的な・根本的な改善につながるか

 

といった、2つの優先ポイントが顕著に見られます。

 

前者は「ファンデーション」や、「口紅」といったものであり

衰えた・ノリが悪くなった肌でも、効果が見られる(ごまかせる)ものを

優先することになることは、やはり避けることができません。

 

そして、それと同時j「メイク落とし(クレンジング)」にも

気を遣う方が増えることになります。

 

後者の「根本的なケア」に利用するアイテムに関しては、やはり

  • シミ
  • 保湿

 

といった肌の衰えに伴う、基礎的なトラブルの解決を目的が意識されています。

 

より質・効果の高いものを取り入れることは自然なことであり、必要なことです。

 

また、「無添加」「オーガニック」といった

その内容に関しても、年々こだわりが強くなる傾向があります。

 

若い方では、「マスカラ」「チーク」といった
いわゆる「盛り」を構成するアイテムを優先していることが目立ちます。

 

更に注目すべき、最も顕著な特徴としては

年齢に比例して「使うアイテムが増える」ということです。

 

「自然派」を心掛ける方であれば、逆に少なくなる傾向がありようですが

基本的に、多くの方が<増える>ことになります。

だからこそ、1つ1つをできるだけリーズナブルに購入する工夫が必要です。

 

化粧品を格安で変える場所とは

 

1ヵ月の「美容にかけるお金」としては、

20代・30代前半というのは、意外と差がないものであり

<15,000~18,000円>という範囲が、最も多いようです。

 

しかしながら、40代以降では「2万円以上」ということが珍しくなくなり

この事実に関しては、「当然の結果」とも言えます。

 

上記は「ジム」や「エステ」等に費用も含まれており
メイク周辺にかかる費用としては、その半分程度とされます。

もちろん1000円の人もいれば、10万円の人もおり
値段の幅は、年齢と共に広がっていきます。

 

最もお得に購入する方法は、実店舗であってもネット通販であっても

「定期購入」と呼ばれる、同じ商品を購入する代わりに

割引をしてもらうものであり、購入回数に「しばり」があることも特徴です。

 

同じものを使い続けるとすれば、当然お得な手段になります。

 

しかしながら、やはり<試してから使いたい>という方も多く

そういった方は、「トライアル(お試し)」として

1週間分の小分けしたセットを試したり、また「単品購入」という手段もあります。

 

高価なもの・優良なメーカーほど、「試してもらう」ことを優先しており

そういった面でも、<見極め>をすることができます。

 

また、特に「ベースメイク」と呼ばれている、最も肌に近い部分に触れるアイテムに関しては

<肌に合っていること>が非常に重要であり、変える人は少ない傾向が見られます。

 

もちろん、<それで問題ない>のであれば、しばらくは同じものを継続すべきと言えます。

  • 変えていく
  • そのままでいい

 

しっかりと、判断することが大切です。

 

メイクは「よく見られたい」という目的に向かって

「良く魅せる」ために、日々施すものになります。

 

しかしながら、<必死に塗りたくる>というのは悲しいものであり

いくつになっても、その1つ1つの過程を楽しむべきものと言えます。

 

そのため、<経済的に負担にならない範囲>

いろいろなアイテムを、試してみることをおすすめします。

 

言うまでもなく、同じ効果を目的としたアイテムえあっても

メーカー・種類によって、その効果は異なるものであり

年配の方に相応しい、<やや高価な(質の高い)アイテム>であれば

<合う・合わない>が、最も重要なことであると言えます。

 

だからこそ、<よりよいものを見つけるために>試してみることが大切なのです。

シミの予防に摂取すべき「L-システイン」の効果と注意点~白髪が増える?正しい飲み方とは~

<シミのリスク>を減少させることで知られる「L-システイン」

実際に、スキンケアに関する一大ジャンルである

「シミ対策アイテム」として売られている、多くの商品の主要成分となっています。

 

<外側から塗り込む>クリーム・ジェルタイプに加えて

<服用>することで体の内側からアプローチするタイプ等、様々です。

 

そもそもL-システイン、体内に存在する「アミノ酸」の一種であり

ビタミンCとの相乗効果によって、シミ(色素)の原因となる

「メラニン色素」の過剰摂取を抑えるという働きがあります。

 

その効果のために、足りない・必要と思われる方が
「サプリ」によって摂取することも、非常に一般的なことになります。

 

代謝を向上することによる美容効果

 

そして、L-システインのもう1つの働きとして

「肝臓」を中心とした、「代謝機能」の向上も含まれ

そのため、「二日酔い」にも効果的であるとして

常備している人もいる人もいるほど、「体感」できると言える働きになります。

 

この効果を支えているのは、「ターンオーバー(新陳代謝)」と呼ばれる機能の中の

「排出」に関するものも含まれており、<おしっこが近くなる>といった現象も

このターンオーバーの活性化の活性化によるものと言えます。

 

「コラーゲン」を作り出す素材でもある

 

更に、あまり知られていないこととしてL-システインには

「コラーゲンの生成」という働きもあり

水分(ハリ)を失った・失いやすくなった肌にも効果的な成分と言えます。

 

もちろん、これに関してもターンオーバーの力によるものであり

「美白効果」に加えて、「美肌効果」も望めるものなのです。

 

しかしながら、一部では「副作用」に関しても心配されている方も多く

L-システインを摂取する際の、注意点に関しても紹介しておきたいと思います。

 

「L-システイン」は髪の色素を抜いてしまう?

 

L-システインによって、分泌を抑制されることになるメラニンとは

「色素」であり、これはデメリットとして「シミ・そばかす」を生む一方で

「頭髪」を黒くしている、要となる成分でもあります。

 

そのため、L-システインを摂りすぎることによって

「白髪」が増えてしまうのではないかと、不安視する声もあります。

 

実際に「長期的」な「過剰摂取」は、白髪を招くリスクがあるという意見もあります。

 

白髪のリスクを現象させる

 

「摂取しすぎると白髪が増える」とすれば、まさに<究極の選択>と言えるものです。

 

しかしながら、そう単純なものでものではなく

ほど大量に摂取しない限りは、またそういった習慣を続けない限りは

体内で<うまく調節する>機能があるため、「いい面」の方が大きいといえます。

 

L-システインが持つ、「白髪リスク」を減らすためには

「ビオチン」というビタミンの一種を摂取することが推奨されます。

 

ビオチンとは、肌・爪・髪を健康に保つために非常に効果的な成分です。

 

これらによって、<L-システインが持つデメリット>を中和させることが

白髪の増加リスクを抑えるために、有効であるという意見も多いです。

 

それでは、「ビオチンサプリ」も同時に摂取するべきかと言うと

ビオチンに関しては「一般的な食生活」さえ送っていれば

特に「肉類」「野菜類」をほどほどに摂取していれば

基本的には、不足しないものであるとされています。

 

「国産」であれば基本的に安全

 

まとめると、

 

用法容量を守った使い方をしつつ、平均的な食生活を送っていれば

副作用に関しては、それほど気にしなくてよいと考えられます。

 

また、そもそも「シミが消える」ことも確実的なものではなく

同時に「白髪を増やす」ことに関しても、確実なものではないのです。

 

しっかりと「経過」を見守りながら、使用しましょう。

 

そして、それに加えて「日本製」のアイテムであることも意識して欲しいと思います。

 

<L-システイン>に関しても、ビオチンに関しても

非常に多くのサプリが販売されており、中には「海外製品」も存在します。

 

それらが全てダメとは言えませんが、基本的には国内製に比べて

含有量が多いものであり、余計なリスクを増やすことも考えられるのです。

 

「日本での利用者が多いもの」が、間違いないと言えます。

毎日の食事で抗酸化成分「ポリフェノール」を摂取して肌を綺麗に保とう!

「アンチエイジング」の話題には欠かせない要素である

「活性酸素」の抑制、そのために効果的な「抗酸化成分」

「ビタミンC」を代表として、幅広く存在しています。

 

そしてその中でも特に有名であり、健康成分として長きにわたり

知名度を保ち続けている成分が「ポリフェノール」になります。

 

このポリフェノールには、抗酸化作用だけでなく

「ダイエット」や「冷え性の改善」にもつながるとして

日常的な摂取を心がけている方は、非常に多いことと思われます。

 

実際に、非常に身近な食材から摂取できる成分でもあり

手軽なアンチエイジングアプローチとして、最適な成分でもあります。

 

身近で強力な抗酸化成分「ポリフェノール」とは

 

ポリフェノールという名称を聞いたことがあっても

それが実際にはどのような成分でるか、詳しくご存知の方は少ないと思われます。

 

ポリフェノールとは、「フェノール」という分子を複数含む植物成分の名称であり

非常に幅広い種類が存在する成分でもあります。

  • ぶどう(ワイン)に含まれる「アントシアニン」
  • 茶葉に含まれる「カテキン」
  • コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」
  • ウコンに含まれる「クルクミン」

 

また大豆に含まれる「イソフラボン」に関しても、ポリフェノールの一種です。

 

これだけでも「なんとなく体にいい」という印象を与えるものになりますが

実はポリフェノールは「含んでいない植物は存在しない(非常に稀)」成分であり

基本的に「植物」と呼べるものには、全て含まれていると考えてよいものなのです。

 

そして、その「含まれている箇所」というのが

ポリフェノールの役割を、最も現している要素になります。

 

紫外線による刺激をカバーしてくれる成分

 

そもそもポリフェノールとは、植物が自分自身を「紫外線」から守るために存在しており
そのため、「皮(茎・葉)」の部分に含まれることが一般的です。

紫外線とは人間の肌を傷つける要素であると同時に、植物の細胞も傷つける要因なのです。

傷つけるということは、「酸化させる」ということも含まれており
この酸化から守る働きが、アンチエイジング効果として知られています。

 

ポリフェノールを豊富に含む食材とは

 

非常に手軽に摂取できる成分ではありますが、どれから摂取することが効率的なのか

どれが最も効果を発揮するのか、気になる方も多いと思います。

 

実際には、上で挙げた「代表的なポリフェノール成分を含む食材」であれば

現実的に摂取できる量というのは、それほど変わりないものであり

自分の好きなもの、負担のないもので摂取するべきと言えます。

 

例)

  • カカオ
  • 大豆食品

 

「アントシアニン」として・・・

  • 赤ワイン
  • ブルーベリー

 

「カテキン」として・・・

  • 緑茶

 

それよりも、むしろ「摂取するうえでの注意点」を意識することが大切なのです。

 

ポリフェノールを摂取する際の注意点

 

「体にいい」という印象が強いポリフェノールですが

実際には、摂取することに対する注意点も存在します。

 

最も大きな注意点としては「余計な成分が多い」ことであり

ワインには「アルコール」が、コーヒー・チョコレート(カカオ)には「カフェイン」といった

「体にいいとは言えない成分」がそれぞれ含まれています。

 

これらは、少量であれば「体にいい反応」をもたらすこともありますが

大量摂取は推奨されるものではなく、食材自体は「摂れば摂るほどいい」とは言えません。

 

少しずつ・バランスよく

 

「摂り方」が難しいと同時に、ポリフェノールが持つ抗酸化成分が

健康・美容に効果的であることは認められている一方で

「どれがどうやって効いているのか」は、はっきりしていない側面もあります。

 

そのため、「ポリフェノール」を目的として食材を摂取する際には

様々な食材から、様々なポリフェノール成分を摂取することを心がけましょう。

 

例えば、それほどデメリットの少ないと言える

「大豆製品(イソフラボン」は、毎日欠かさず食べ

極力、毎食何らかのメニュー(豆腐・納豆)に取り入れつつ

  • カフェインを含むお茶(カテキン)・コーヒー(クロロゲン酸)を1日3杯まで
  • ワイン(アントシアニン)は、1日1杯まで(たまには飲まない)
  • チョコレートを食べる際には、ノンカフェインの飲み物を合わせる
  • こういった、補いつつ・避けるという考え方が効果的と言えます。

 

抗酸化以外にも魅力的な力を秘めた成分

 

注意点が必要なポリフェノールですが、抗酸化作用の他にも

  • コレステロール(血中脂肪)の減少
  • 脂肪の燃焼の促進
  • 高血圧・高血糖の予防・改善効果
  • ストレスの緩和

 

といった、様々なメリットが存在する素晴らしい成分には変わりません。

 

「過剰摂取」と「バランス」に注意して摂取することで
中年以降の美容・健康にとって、非常に効果の高い栄養素と言えます。

肌の「糖化」を防いでエイジングケアをしやすい状態を作る

肌の劣化につながる要因・要素には、様々なものが存在し

基本的なものとしては、「水分不足」や「ビタミン不足」といった

<足りない>ことによって、悪影響が発生してしまうことが一般的なイメージに多いものです。

 

一方で「油分」といった、多すぎても・少なすぎてもデメリットが発生してしまう

絶妙な「バランス」が必要な要素は、特に<ベストな状態>を考えた際に重要なものになります。

 

これらはある意味で単純なものであり、そもそも不足(過剰)しないようにする

また足りなければ補うといった、その改善策に関しても比較的容易なことと言えます。

 

しかしながら、日々発見されている新たな事実・増え続ける知識によって

より複雑な現象が老化に関わる事実を知ってしまうことも、現代ならではの事情と言えます。

 

過去に比べて、美を保つことができる期間が長くなったということは

すなわち、<防ぐべきこと>と<改善すべきこと>が増えたことが理由でもあります。

 

そしてその中でも、比較的新しい内容に「糖化」と呼ばれる現象があり

シワ・たるみ・色素の沈着といった、典型的な肌のトラブルも

昨今では、糖化が大きな働きを成していると考えられています。

 

全てが糖化の結果というのは、やや大げさとも言えますが

実際に肌の劣化を招くものであり、アンチエイジングの鍵となることは間違いありません。

 

「糖化反応」の症状

 

<肌が糖化する>ということは、実際には(肌)細胞が糖化しているということであり

その名の通り、「糖」が関わっている現象になります。

 

食事によって摂取した「ブドウ糖」

  • 過剰な量だった
  • うまく代謝されなかった

 

といった場合に、タンパク質と結びつくことで

「AGEs(糖化最終生成物)」という物質に変化します。

 

このAGEsは、老化を促進させてしまう存在として知られており

この一連の減少自体は、「メイラード反応」という名称でも知られています。

 

以上のような、難しい言葉・概念で考えなくとも・・・

 

砂糖を含んだ食材に、火を通した際や

砂糖を含む調味料(醤油等)を、利用した際に発生する

いわゆる「焦げ」は、正にこの反応が起きている状態であり

同じことが肌中で起きていると考えることで、イメージしやすいはずです。

 

活性酸素による、細胞の「酸化(錆び)」と非常に似た現象であり

  • 錆び
  • 焦げ

 

という2大要素の相乗効果によって、老化は進んでいくのです。

 

糖化反応の肌への影響

 

トーストやお菓子が焦げるイメージからも、肌が糖化してしまうことで

肌色が悪くなる(くすみ)といったが起きることは、イメージしやすいことと思いますが

冒頭で挙げた通り、その他の様々な肌トラブルも同時に招くこととなります。

 

糖化が起きている部分は、カサカサ・ゴワゴワといった

乾燥して硬くなっていることが特徴であり、まさに水分を徹底的に奪われた

「お焦げのついた、香ばしいお菓子」のような質感となってしまいます。

 

また抗酸化機能・代謝機能を、劣化させてしまっていることからも

色・質感だけでなく、様々なトラブルを招くことは必然と言えます。

 

糖化反応を防ぐための食生活の内容

 

活性酸素の除去と同じく、糖化現象に対する予防・対策というのは

体の外側からよりも、内側からの働きかけが中心であり

やはり、「食生活」によるアプローチが必須なものとなります。

 

糖化とは、一度起きてしまうと解消が難しい現象です。

 

糖化してしまった細胞は、元に戻ることは基本的になく

一度起きてしまった際には、代謝して排出するしかなく

何よりも<糖化させない>という、予防が重要なことであると言えます。

 

また<何を食べるべき>というよりは、<どう食べるべき>という

「食べ物」よりも「食べ方」が、より重要な意味を持ちます。

 

まず、最も意識すべきこととして

「糖質が少ないものから食べ進む」ということが挙げられます。

 

特にビタミンB群を含む食材は、糖の代謝を促すものであり

炭水化物を摂取する際には、同時に摂取することを心掛けましょう。

 

言うまでもなく、太っている人というのは

糖化が起きやすい・すでに起きていると考えることができます。

 

まずは、基礎的な「太りにくい食生活」から始めてみましょう。

 

肌を整える「たんぱく質」は十分に摂取する

 

その糖化とは、反応の特徴から

ブドウ糖の摂取量が多いほどに、基礎リスクが高くなるものであり

最終的にブドウ糖へと代謝される、炭水化物を含む食材を避ける等

基礎的な食事制限は、欠かせないものと言えます。

 

しかしながら、食事の制限を設ける際に注意することとして

糖化のきっかけともなる、たんぱく質は細胞を作るために欠かせないものであり

極度な制限はするべきではなく、やはり「糖分」という決定的な要素の制限を意識しましょう。

 

たんぱく質は、糖化を招く要因となることと同時に

糖化によって破壊されてしまう、「コラーゲン」の生成に欠かせないものでもあります。

 

そもそも糖化反応によって、コラーゲンが破壊されてしまうことこと

がシワ・たるみといった、「ゆるみ」を引き起こす原因でもあります。

 

「美容」の基礎にある「健康」へも影響を与える問題

 

糖化反応とは、肌のみに悪影響が起きるものではありません。

 

あらゆる細胞に起きることになり、それは血管・血液にも影響を与えるため

最終的には、必ず「動脈硬化」や「腎障害」につながる現象です。

 

また、起きる場所は無限に想定できるものであり

髪・爪といった、肌以外の美的要素の劣化にとどまらず

  • 筋肉への影響による、代謝機能の劣化
  • 骨への影響による、骨粗鬆症

 

<これぞ老化>といった、様々な健康面に影響を与えるものでもあります。

 

特に、「血糖値」が高い傾向(老化による当然の変化)が見られる際には

食後の運動・水分摂取等といった、基礎的な対策から意識を強め始めることが大切です。

「幹細胞」と並ぶ新美容成分「グロースファクター」の効果とは

日々、新しいアイテム・理論がリリースされ続ける「美容業界」は

ある意味で、最先端科学を先取りできる分野でもあります。

 

特に「美肌成分」と「ダイエット成分」に関しては

常に新しい成分・根拠となる理論が展開され続けています。

 

今となっては、常識的とも言える

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

 

といった成分に関しても、実は歴史はまだ浅く

ここ数年で、急激に広く知れ渡ったものでもあります。

 

また、ダイエット分野に関して言えば

  • 酵素ドリンク
  • スムージー

 

これらを利用した「置き換えダイエット」がブームとなったり

「ファスティング」と呼ばれる、「断食」がを取り入れる人も珍しくなくなりましたが

それも、非常に短い期間に浸透した言葉だったりします。

 

これらに関しても、もともとは「アンチエイジングブーム」の一環であり

いかに衰えさせない・若々しく保つか、という

大きなトピックが、長く息づいている証でもあります。

 

そして、最近になって(2016年以降)注目を浴びている成分が

「グロースファクター(Growth Factor)」と呼ばれるものであり

「たるみ」を中心とした皮膚の劣化・それに伴うトラブルを食い止めるため

そのメカニズムを利用したアイテムを中心に、今非常に関心が高まっています。

 

このグロースファクターを配合したスキンケアアイテムは

幹細胞コスメと並び、要注目のアイテムと言えます。

 

「グロースファクター(Growth Factor)」の本来の機能

 

そもそもグロースファクターとは、人間が本来持っている

「細胞再生因子」であり、それ自体が細胞であり、タンパク質です。

 

様々な刺激によって、傷ついた細胞を修復・回復・再生させるための

「新陳代謝(ターンオーバー)」の働きの中心となる器官であり

常に綺麗な肌を保つために、欠かせない役目を担っている組織であると言えます。

 

そして、このグロースファクターの減少が肌

の劣化(たるみ)の原因となり、結果的に

  • シワ
  • 毛穴の目立ち

 

といったものにつながっていくのです。

 

グロースファクターは「20代前半」という比較的早い時期から

急速に劣化していき、まさに「老化の再現そのもの」とも言えるものになります。

 

老化の要因とは、

  • 活性酸素の蓄積
  • グロースファクターの減少

 

これらが、そのほとんどを占めていると考えれます。

 

減ってしまうものは外部から補う

 

グロースファクターの減少は、ある程度年齢に比例するものであり

活性酸素の発生と同じく、避けることができない要因になります。

 

そして、細胞の「活き」が悪くなるということは

シワ・たるみといったものが、目立ってくることにつながります。

 

その結果としての「ほうれい線」等も、グロースファクターの減少が大きな要因なのです。

 

そして、減少してくることが確実に分かっているものに関しては

やはり外部からの何らかの手段によって、「補う」ということが必要になります。

 

そういったことからも、「グロースファクター化粧品」の利用者が急増しているのです。

活性酵素を除去する「抗酸化」で劣化した肌にハリ・ツヤを与える

「アンチエイジング」の話題の中には、必ず「活性酸素」という言葉が出てきます。

 

この「活性酸素」こそが、「老ける・老いる」要因であり

活性酸素を除去する、そもそも「余計に」発生させないことが

アンチエイジング本来の、根本的なコンセプトになります。

 

しかしながら、この活性酸素がなければ「生きていけない」という存在するため

 

「いかにコントロールするか」が、カギになるものでもあります。

 

生きている分だけ溜まっているもの

 

活性酸素とは、そもそもは細胞を守るために発生するものです。

 

「紫外線」「細菌」といった、外部からの刺激を軽減・除去し

正常な生命活動を維持するために欠かせないものです。

 

しかしながら、余計に発生してしまった(余ってしまった)場合には

細胞自体を傷つけて(酸化させて)しまうという側面があります。

 

この「錆び」と呼ばれる、細胞の酸化こそが老化・劣化の正体です。

 

細胞が劣化することで「乾燥」や「炎症」を起こしやすくなり

  • シワ
  • たるみ
  • シミ・そばかす

 

といった、様々な「美的マイナス要素」を生むことになります。

 

細胞1つ1つの「見映え」が悪くなることで

それらの集合体である、各パーツの見栄えも悪くなることは当然のことです。

 

活性酸素は、日々・常に発生し続けているものであり

「長く生きているほど老けている」というのは

「発生した活性酸素の量」も多いため、当たり前のことなのです。

 

「活性酸素から体を守る」ために発生するマイナス要因も

活性酸素が影響する、典型的な例として「シミ」があります。

 

「紫外線」といったものが、主な要因となるものであり

それによって、メラニンが発生することで発生するとされています。

 

しかしその前に、メラニンが発生するきっかけとなるものとして

紫外線を受けたことによって、まずは活性酸素が発生することになります。

 

そしてその過程で、余計に発生してしまった活性酸素から細胞を守るため

メラニンを分泌するという「もうワンクッション」が存在するのです。

 

こういったメカニズムは、紫外線→シミだけでなく

体のあらゆる部分・要素で日々起きていることになります。

 

「発生させない」よりも「減らす」「除去する」を実践する

活性酸素からの悪影響を防ぐには、まずは余計な活性酸素を発生させないことです。

 

しかしながら、本来は必要なものでもあるため

「発生」をコントロールすることは困難であることが現実です。

 

余計に発生させることを防ぐためには「できることだけ」を意識しましょう。

 

紫外線を防ぐ(クリーム等で保護する)ことから

「動物性脂質」を控えるといったことが主になります。

 

「消化」に関しても、活性酸素を発生させる要因であり

消化に悪いものというのは、その分余計な活性酸素のリスクが高まります。

 

もちろん「飲酒」「喫煙」は言うまでもありません。

 

活性酸素を除去する「抗酸化」

 

そして活性酸素に対して、最も重要なアプローチが「除去する」という段階です。

 

これは「抗酸化」と呼ばれるコンセプト・アプローチになります。

 

基本的には「食事」を中心として「抗酸化成分」を摂取することで

体の中の事情は、体の中から解決していくことを心がけます。

 

抗酸化成分としては「ビタミンC」や「ビタミンE」が有名であり

その他にも「ポリフェノール」「リコピン」や

「エコンザイムQ10」といったものも注目されています。

 

主に「酸っぱい」「酸味のある」ものに含まれ

  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ類

 

といったものに多いことは、広く知られています。

 

ただし、これらの中には消化に悪いもの存在するため

食べ過ぎることで、活性酸素を余計に招いてしまうこともあるため注意が必要です。

 

この活性酸素を減らして、老化を防ぐためのアイテムとしては

「酵素ドリンク」や「水素」といったものがあり

抗酸化を目的としたアプローチは、日々研究が重ねられています。

 

特に「足りていないかな?」と思う場合や、食生活の改善によっても

なかなか効果が現れない場合には「サプリ」といったものもおすすめです。

 

「余計に発生させない」ということは「若返り」というよりは

「老けさせない」ことにすぎず、ここからが「若返りのスタート」になります。

 

やっと<戻るために>一歩進んだと言える段階なのです。

女性ホルモンの減少に備えた生活を送る

「若いとは言えない」女性に関する、美容の話題を語る際には

「女性ホルモン」という要素を避けることはできません。

 

女性ホルモンは「中年以降」それ以前から徐々に体に現れる

様々なトラブルの、その症状全てに影響すると言っても過言ではない

あらゆる「負の問題」の要因となってくる要素です。

 

言うまでもなく、女性ホルモンとは「女性らしさ」に関する

様々な要素を、体に現わすための内分泌物資です。

 

「生理」や「妊娠」といった、究極の機能を支えている物質であり

「髪」や「爪」の「ハリ」「ツヤ」にも、非常に大きく影響を及ぼします。

 

また、「男性ホルモン」を含めて「性ホルモン」とも呼び

「自律神経」への影響も及ぼし、「更年期障害」と呼ばれる

一定の年齢・ホルモンの減少が招く、健康トラブルを引き起こすものでもあります。

 

20代で始まっている女性ホルモンの低下

 

この女性ホルモンの分泌が、最も活発な時期は「20代前半」と考えられており

10代半ばから活発になり「20~22歳」でピークを迎えます。

 

つまり、20代半ばにはすでに減少が始まっているのです。

 

よく言われている「30歳はお肌の曲がり角」は間違いなのです。

 

女性ホルモンが減少していく原因

 

女性ホルモンが減少する原因としては

「体の機能の低下」がベースにあることはもちろんのこと

「閉経」が近づくことで、徐々に体は女性としての機能を減らしていきます。

 

あくまでそれに付随する症状として、髪が傷みやすくなったり

肌荒れが起こりやすくなったり、という弊害が現れます。

 

つまり、正常な・当たり前の体の反応でもあるのです。

 

人く知られている話ではありますが、女性は生まれる前から

母親のおなかにいた時点で、生涯排出することができる

「卵子」の量が決まっており、それも全てを正常に排出できるわけではありません。

 

その残された卵子の量が、減少してくるにつれ

「妊娠する可能性」も減少することになり

それに合わせて、徐々に分泌量を低下させていきます。

 

出産を経験した女性は、「一気に老ける」というイメージがありますが

実際には、一時的なものや「育児疲れ」である場合も多く

「出産しても綺麗」な女性は珍しくありません。

 

より女性らしくなったという方も多いはずです。

 

また、複数回の出産経験がある女性は

「もっと産むのでは?」と体が判断することで

女性ホルモンの減少が緩やかになる、という現象も実際にあるようです。

 

そのため、出産経験が多い女性ほど閉経が遅く

それに伴い更年期障害が訪れる時期も遅れ、また症状が「軽い」とされています。

 

「恋をすると綺麗になる」といったことも、信憑性の高いものであり

その理由はもちろん、女性ホルモンの分泌が活発になるためです。

 

「曲がり角」は避けることができない しかしながら、個人差はあるにせよ

この女性ホルモンの減少は避けることができません。

 

そして、「いつまでも若さを保ちたい」という願いは

この女性ホルモンの「減少量」との闘いになります。

 

そういった働きかけは、昨今では「アンチエイジング」と呼ばれており

様々な方法が常に考えられ、自分が信じたものを実践しているという人も多いと思います。

 

また化粧品や「メイク術」といった、外部からの「物理的な」アプローチによって

できるだけ若く「見せる」ために努力している女性も多いはずです。

 

というよりも、そういったアイテムは

「ここから」が本当の効果を試されるものでもあります。

 

あらゆる対策を実践するしかない

 

女性ホルモンの減少に対する対策は

「体の中から」と「体の外から」の、その両方が必要であり

どちらかだけでは「どうにかならない」時期が必ずやってきます。

 

また「中と外両方から」のアプローチである「食事」に関して

その内容を見直すことは、最も最初に取りかかるべき要素になります。

 

こういったアプローチは、無限に存在しますが

「高級健康食品」や「エステ」といった、経済的に難しいこともあります。

だからこそ、「できること」は全て実践していくという姿勢が大切です。