衰えた肌を幹細胞化粧品で再生

本当に効果的なおすすめ人気【幹細胞】コスメ・美容液ランキング

「シワ」と「たるみ」の原因と対処法~肌にハリ・ツヤを取り戻すための改善策~

「シミ」「そばかす」と双璧を成す、加齢によって衰えていく

肌の悩みといえば「シワ」と「たるみ」にな言えますが

これらの根本原因は「細胞1つ1つの劣化」と「乾燥」であり

実はその他数多くの肌に関する悩みと、根本的な要因は重なるものが多いのです。

 

そのため、それらの改善策も結局は共通していることが多く

肌全体・体全体を、若返らせるための働きかけが必要になります。

 

ただし、肌荒れやシミといったトラブルが「体全体」の問題である一方で

シワとたるみは、「顔にできたものがより目立つ」という点で異なります。

 

よりによって、「最も気になる部分」に発生しやすいのです。

 

それは、ある意味で仕方がないものでもあり

「顔」というパーツの特性が、大きく現れたものになります。

 

刺激を受け続けた結果

 

「顔(頭部)」というパーツの特徴として、

日常的に最も露出しており、最も負担を「受け続けている」パーツになります。

 

説明するまでもなく、衣服で守られた「首から下」とは異なり

基本的には、1日中露出し続けている部分であり

「年齢と同じ時間」を、外部からの刺激に晒されていると言えます。

 

そして、この顔の劣化につながるへのダメージ要因として

  • 紫外線
  • 乾燥

 

この2つの、典型的な悪要因を挙げることができます。

 

実は発生するシワのほとんどが、紫外線によるものであり

この紫外線によって招かれる肌の劣化は「光老化」と呼ばれている

肌トラブルの、最も大きな割合を占める要素になります。

 

美容に関する、ほぼ全てに紫外線は関わっています。

 

紫外線を受けることによって、加速するトラブルとしては

冒頭に挙げたシミ・そばかすになりますが、

「ダメージ」というのは、様々な形で現れるものであり

その1つの形態が、シワ・たるみなのです。

 

要因によって異なるシワの種類

 

また「紫外線シワ」と「乾燥シワ」の他には「表情シワ」といったものが有名ですが

表情シワと思われがちな「ほうれい線」は、厳密には「たるみ」であり

こうした複雑な違いも、改善策の研究において注目されている要素になります。

 

「細かいたるみ」が、シワであると考えられていたこともありますが

その特徴・発生の仕方によって、微妙な違いがあることが分かっています。

 

現在では、肌(皮膚)には大きく分けて

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

 

といった、3つの階層があることは広く知られていますが

それぞれの階層にできる、シワ・たるみにはそれぞれ特徴があります。

 

表皮シワ

 

最も表面にある階層は、最も紫外線を受け止めていると同時に

乾燥していることが、シワを招く大きな要因になります。

 

「何というシワなのか?」が、区別することができない

小さな・細かいシワ(ちりめんシワ)は、この表皮シワと言えます。

 

真皮シワ

 

そして、光老化による「紫外線シワ」が発生するのは

真皮の部分であり、より奥の階層にできてしまう、より「深い」シワであると言えます。

 

「セラミド」や「コラーゲン」を破壊して作られたシワであり

表皮シワに比べて、改善することが非常に困難なものになります。

 

また「真皮たるみ」と呼ばれるたるみもあり

深い部分の構成物が破壊されてできるもの、という共通点があります。

 

これらに共通していることは、皮膚の各階層の水分が失われていることであり

紫外線によって受けたダメージを、軽減することができない状態になっています。

 

避けられないからこそ対策し続ける必要がある

 

日差しが強い日は外には出ない、といった根本的なことや

「日焼け止めクリーム」を利用した、いわゆる「UV対策」

女性であれば誰もが、夏季を中心に行うケアです。

 

しかしながら、たとえ雨の日であっても紫外線は降り注いでいるものであり

また「普通の生活」を送るうえで、紫外線に神経質になることはな

かなか不便なことであり、結局は全て避けることはできません。

 

「浴びないに越したことはない」ことは確かです。

 

しかしながら、避けることができない部分は

その他の面で補うことが、現実的な対策であると言えます。

 

体の内外から同時に改善していく必要がある

 

美容に関する改善策は、どのパーツに関しても

摂取する栄養素を中心とした、体の内部からの改善策と

外部からの物理的な改善策が必要になります。

 

特に内部からの改善策に関して、

「劣化」は、局部的に進むことになりますが

改善をするためには、体全体へ働きかけることになります。

 

摂取した栄養素というのは「使う部分」を選ぶことができないためです。

 

そのため基本的には、各肌トラブルとも共通している

「アンチエイジング成分」を、取り入れることが現実的です。

 

そして外部からの対策に関しては、「負担を避ける」という

根本的な要素以外の「補う」「修復する」という要素に関しては

人それぞれことなるものであり、無限に選択肢があります。

 

また、紫外線・シワ・たるみを対策するやめに

すでに様々なアイテムを試している方も多いと思いますが

これらに関しては、何らかのアイテムによるサポートが不可欠です。

 

そして「継続」することが「宿命」であり

「経済的な負担」といった、現実的な問題を軽減するためには

できるだけ早く「自分に合った」アイテムに出会うことが重要であると言えます。

年をとることで肌質が悪化する原因と基本的な改善策

年をとることによって、肌質が劣化することは

常識としても、また実感としても感じていることと思います。

 

肌の状態というのは、露出部の多い服装をする際に目に入るものであり

「見た目」の要素を、判断しやすい・されやすいものです。

 

だからこそ、女性が年をとっていく過程で最も気になる要素とも言えます。

 

肌質の悪化を感じるタイミングとしては

  • 乾燥しやすく・カサカサになりやすくなった
  • 「肌荒れ」が起きやすい・治りにくくなった

 

何より見た目として、「しわ」「たるみ」等が

目立ってくることによって、「崩れて来たな・・・」と感じるはずです。

 

年をとることによって、肌の状態が崩れてしまう要因は

数えきれないほど存在し、根本的な要因からリスクの上昇によるものまで様々です。

 

根本にある「細胞自体」の劣化

 

そもそも年をとることによって、劣化していく要素とは

肌質だけでなく、あらゆる器官の細胞が劣化していきます。

 

<元気がなくなってくる>のです。

 

これは、

  • 元気な細胞を作る機能
  • 細胞を正常に働かせる能力
  • 細胞の健康を保つ能力

 

全てが衰えている結果であり、内臓の働きといった

根本的な体の能力の衰えによるものになります。

 

細胞の機能の劣化による代謝の鈍化

 

古い細胞を排出し、新しい細胞を生み出すメカニズムを

「新陳代謝(ターンオーバー)」と呼び

美容に興味のある方にとっては、常識的なことと思います。

 

必要のない(すでに機能を失った)細胞を排出し

新たな活発な細胞を作り出すことで「ハリ」といったものを実現しますが

体の機能全体が衰えていることによって、正常なターンオーバーが発生しなくなります。

 

新陳代謝の衰えは、中年以降の様々な要素に波及することになりますが

こと「美」に関する要素を考えた際に、<細胞を作る細胞>である

幹細胞の状態というのは、非常に重要なものであると言えます。

 

肌中の水分の減少

 

そして、直接的に肌の衰えを見た目に反映させている

最大の要素が、肌中の水分量の低下になります。

 

いわゆる「潤い」と呼ばれている要素であり

「乾燥(カサカサ)肌」の傾向を招いていることも常識的です。

 

そして、この肌中の水分が失われる要因としては

細胞の劣化・新陳代謝の劣化によって

 

肌を守る成分、肌に水分を留めておく成分が減少していることが挙げられます。

 

見た目だけでなく、肌を守っている成分としては

  • 皮脂
  • セラミド
  • コラーゲン

 

といったものが挙げられますが、そのどれもが減少し

更に機能を失ないつつあることで、肌質を劣化させるのです。

 

細胞を元気にするために何から改善していくべき?

 

ここからは、「ピーク」以降の「衰えつつある肌質」

改善していくための、基本的な対策・改善策を解説していきます。

 

そして、根本的に肌質を改善するためには

まずは体の中から、身体機能を回復させていくことが不可欠です。

 

まずはとにかく、健康的な細胞を生み出すための働きかけが大切です。

 

これは、内臓の機能を向上させることや

細胞を構成する「アミノ酸」・細胞の核となる「亜鉛」を摂取するといった

総合的な食生活の改善が求められます。

 

質の高いものを摂取し・質の低いものを避ける

 

これらは、現代では意外と難しいことであり

 

無意識のうちに、肌に負担をかけている人がほとんどです。

 

1日に1回でも、ファーストフードを食べているという人は

決して他人ごとではなく、その積み重ねが細胞の質を悪化させています。

 

代謝の改善が最優先

 

新陳代謝を活発にすることで、古くなった細胞が排出され始め

新たに作り始めた元気な細胞によって、効率的に綺麗な肌を作ることができます。

 

新陳代謝は「自律神経」によって、コントロールされているものであり

自律神経の環境の改善は、規則正しい生活リズムからであり

特に女性にとって徹夜・夜更かしは、思っている以上に悪影響を与えるものです。

 

また運動をすることは、もちろんメリットのあることですが

「汗」をかくこと自体が、代謝を向上させるわけではありません。

 

<汗をかく>ことよりも「汗をかく機能」を改善することが

新陳代謝の質を、本質的に改善することにつながるのです。

 

肌に水分を留めることが最大目標

 

そして最も大切なことが、<水分を逃がさない>ことです。

 

「逃がさない」とは「蒸発させない」ことであり

細胞の活性化・新陳代謝の改善によって

潤いを作る環境は整っていきます。

 

あとは「留めておく」ことで、肌の質を保つことができます。

 

この過程では、

  • 皮脂の除去をし過ぎない
  • 入浴後の入念なケア

 

といった、サポートアプローチがより重要になってきます。

衰えた肌を蘇らせるためには新陳代謝の活性化が不可欠

何事も「基礎」や「根本」が最も大切です。

 

「美」にとって、またそれ以上に大切な「健康」にとって

そして「生きる」ことにとって最も大切な要素とは、ずばり「新陳代謝」です。

 

新陳代謝とは、細胞の生まれ変わりであり

古くなった細胞を、新しいものに変える仕組みです。

 

特に肌や髪にとっては、非常に重要な要素であり

新陳代謝が悪いことによって、シミの原因となるメラニンの排出がうまくできなかったり
傷ついた髪がなかなか修復されない、といった様々な弊害が起こります。

 

美肌効果等を期待して、サプリを摂取していたとしても

「新しい綺麗な皮膚」は、肌の表面にすぐに現れるわけではなく

「脱皮」と同じく、表面が剥がれ落ちなければ露出することができません。

 

もちろん幹細胞美容液といった、特別なアイテムを使うにしても

代謝が悪化していることによって、その効果を引き出すこともできません。

 

  • 肌の調子が悪い
  • 汗をかきづらい
  • 汗が臭い
  • サプリや摂取した栄養素の効果が出ない

 

こういった傾向のある人というのは、(新陳)代謝が落ちていると言えます。

 

努力やお金を無駄にしないためにも

とにかく、まずは新陳代謝を向上させることが必要になります。

 

  • 十分な水分摂取
  • 筋肉量を増やしながら、長時間体を動かす軽い運動
  • 半身浴
  • 野菜とフルーツ中心の食生活

 

新陳代謝を向上させるための働きかけは様々なものが知られますが

そもそも代謝が悪化している要因として、何より「便秘」を挙げることができます。

 

女性であれば身に覚えがある女性も、多いのではないでしょうか?

 

「生理」という現象が毎月起こり、排卵後・生理前は

妊娠する準備のため、体に栄養素を溜め込む・排出しない機能が働きます。

 

便秘の状態は<古いものを排出できていない>典型的な状態であり

本気で美肌を手に入れたいのであれば、まず必ず解消しなければならないものと言えます。

 

便秘の基本的な改善方法

 

便秘の解消というのは、毎日出ない・2~3日に一度程度といった

軽い段階での対処が非常に重要なものと言えます。

 

この段階での対処が便秘体質が定着してしまうか

防げるかのポイントになってきます。

 

まずは、水分補給と乳酸菌、食物繊維で腸内環境を整えましょう。

 

単純なことですが、うまくポイントをつかみ実践することで非常に有効な手段となります。

 

ポイントとしては、

  • 朝食時に胃が空っぽのタイミングで
  • 乳酸菌飲料 or ヨーグルトドリンクだけを摂取
  • 昼食時・夕食時に食物繊維を
  • 含んだ食材をバランスよく摂取
  • 常に、時には一気に水分補給

 

各要素は摂取すればいつでもいいという訳ではありません。

 

空腹時に乳酸菌を摂取することにより

できるだけ早く腸に届けて、腸内環境を整えておきます。

 

その次に食物繊維と一緒に食べ物をを摂取することによって

食物繊維がうまく便にからみやすくさせます。

 

水分は少しずつ取るのも正しいのですが

吸収するタイミングや、量は人それぞれです。

 

時々一気に摂取することにより、過剰な量を大腸に届けることも必要です。

 

乳酸菌できれいに整えた腸で、食物繊維・水分が便にうまくからむようにしましょう。

 

大事なことは、ここで体に「便秘癖」をつけさせないことです。

 

健康と美はリンクしている

 

代謝が大きく関わっている、「美の改善」にアプローチするためには

どうしても、腸内環境の改善は避けることが出来ない要素になります。

 

「大腸」が、非常に重要な役割を担っている理由としては

「ホルモン」「酵素液」といった、体の「循環」に関わる

様々な要素の分泌量を調整する役割を果たすためです。

 

腸内環境が悪化していることによって

便秘や下痢だけでなく

  • 胃痛
  • 消化不良
  • 肌荒れ
  • 口内炎

 

あらゆる体調不良が発生するリスクが考えられます。

 

特に生理のある女性は、循環という要素が非常に大切であり

循環機能が乱れることによって、「生理不順」等の症状も現れてしまいます。

 

また、以上のようなトラブルが発生する根本原因として

「自律神経」が乱れていることが挙げられます。

 

腸内環境の悪化は、自律神経のバランスを崩します。

 

美とっても健康にとっても、非常によくない事態です。

 

自律神経は、ありとあらゆる体の要素を支配していますが

その状態は大腸の状態と、密接にリンクしています。

 

「自律神経失調症」という言葉は耳にしたことがある方も多いと思いますが

<何が起こるかわからない>ということが特徴の疾患になります。

 

そして自律神経失調症は、便秘の人に多い傾向があるということ

事実として・データとして、明らかなものと言えます。

 

便秘は、ただごとではないのです。

 

特に女性は、「下痢体質」よりも「便秘体質」が多い傾向があります。

 

これは体の仕組み上仕方がないことでもありますが

女性の腸内環境を改善していくうえで、便秘の改善は欠かせない要素です。

 

まずは「宿便」を完全に排出することがスタートになります。

 

「たかが便秘」と考えてしまう人もいるかもしれませんが

「されど便秘」であり、便秘を解消することによって思っている以上に体調がよくなります。

 

もちろん、それに伴って

 

といった3大要素に関しても、改善することは間違いないことです。